委員会概要 各種申請 サービス サポート リンク
マニュアル BBS FAQ 管理者各位 リサーチ

ML管理者(ml-admin)


ML管理マニュアル

MLメンバーの登録と削除

MLの管理方法として、メールでコマンドを送る方法と、共用計算機(ruby)の/maillist/[ML名]のファイルを直接編集する方法があります。
これら2つの方法は併用できませんので、どちらかを選んで下さい。

とくに指定が無い場合はメールでコマンドを送る方法となっています。
 

  1. メールコマンドによる管理方法

    [ML名]-ctl@club.kyutech.ac.jp 宛に管理コマンドを書いた メールを送って下さい。

    まず、MLの管理者であることを確認するために、パスワードを 書きます。
    admin pass [パスワード]

    メールアドレスを登録する。
    admin add [メールアドレス]

    メールアドレスを削除する。
    admin bye [メールアドレス]

    例:
    hoge MLにyskhashi@club.kyutech.ac.jpを登録し、hachirou@club.kyutech.ac.jpを削除する。パスワードはhogehogeだとする。

    宛先
    To: hoge-ctl@club.kyutech.ac.jp

    本文
    admin pass hogehoge
    admin add yskhashi@club.kyutech.ac.jp
    admin bye hachirou@club.kyutech.ac.jp

     

  2. 直接編集による管理方法

    /maillist/[ML名]viemacs等のエディタで編集してください。その際、無駄なスペースをいれたりしないように慎重に作業して下さい。また、コメントを書く場合は、行頭に#を付けて下さい。

    スペースを入れた場合、その行のスペース以前に記述したアドレスに送られます。

    例:
    foo bar <hachirou@club.kyutech.ac.jp>
    この場合、正しいアドレス「hachirou@club.kyutech.ac.jp」には送信されず、「foo@club.kyutech.ac.jp」に送られることになります。
     

管理者や管理方法の変更について

MLの管理者交代の際には、旧管理者が以下の内容をメールに書いて、運用部まで届けて下さい。

  • 団体名
  • ML名
  • 旧管理者の氏名、共用計算機(ruby)と情報科学センターのアカウント名
  • 新管理者の氏名、共用計算機(ruby)と情報科学センターのアカウント名

管理方法の変更や、共用計算機(ruby)以外のメールアドレス(情報科学センター等)で管理する場合は、その旨とメールアドレス等をお知らせ下さい。


Topへ戻る


(C) 2004 九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
K.I.T. Student Administered Network Commission