委員会概要 各種申請 サービス サポート リンク
マニュアル BBS FAQ 管理者各位 リサーチ

Port Forwarding


 
PuTTY(SSH2)

すでにPuTTYの設定は完了しているものとします。

PuTTYを起動してください。

すでに設定してあるものを選択し、[読込]ボタンを押します。

カテゴリの[トンネル]を選びます。

源ポートは任意の番号でかまいませんが、ここでは1234として説明します。送り先ruby.club.kyutech.ac.jp:21として、[追加]ボタンを押します。

追加されたのを確認したら[開く]を押してください。

あとはユーザ名とパスワードを入力してログインすると、ポートフォワーディングが有効になります。終了するときはログアウトしてください。

設定を保存する場合は[開く]を押す前にセッションに戻り、保存されたセッションの名前を変更して、[保存]ボタンを押します。

目次へ戻る
 

戻る      Topへ戻る


(C) 2004 九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
K.I.T. Student Administered Network Commission