委員会概要 各種申請 サービス サポート リンク
マニュアル BBS FAQ 管理者各位 リサーチ

Port Forwarding


 
TTSSH(SSH1)

すでにTera Term Pro + TTSSHの設定は完了しているものとします。

Tera Termを起動し、接続作業をしてください。

接続が完了したら[Setup][SSH Forwarding...]を選択してください。

[Add...]ボタンを押します。

Forward local portは任意の番号でかまいませんが、ここでは1234として説明します。
to remote machineruby.club.kyutech.ac.jpport21として、[OK]を押します。

設定がきちんと追加されていたら[OK]を押します。これでポートフォワーディングが有効になります。

 

設定を保存する場合は[Setup][Save setup...]を選択します。

ファイル名をTERATERMとは別のものに変更します。ここではTERATERM-FTPとして、[保存]ボタンを押してください。次にTeraTermのフォルダ(デフォルトではC:\Program Files\Ttermpro)からttsshアプリケーションのショートカットを作ります。

作成したショートカットを右クリックし、プロパティをクリックします。

リンク先の"C:\Program Files\Ttermpro"を以下のように変更します。

"C:\Program Files\Ttermpro\ttssh.exe" /F=TERATERM-FTP.ini /ssh ruby.club.kyutech.ac.jp:22

/の前には半角スペースを空けてください。

[OK]をクリックすると、ポートフォワーディング専用のショートカットの完成です。

目次へ戻る
 

戻る      Topへ戻る


(C) 2004 九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
K.I.T. Student Administered Network Commission