委員会概要 各種申請 サービス サポート リンク
マニュアル BBS FAQ 管理者各位 リサーチ

メール転送(.forward)


 
1..forwardの説明

.forward(ドットフォワード)』は 届いたメールを他のサーバに転送する設定ファイルです。例えば、複数のサーバにメールアドレスを持っているとき、それぞれに届いたメールを見るためにいちいちログインするのは面倒だ、と言うときなどに有効です。

目次へ戻る
 
 
2.設定方法

  • 共用計算機(ruby)に届いたメールを転送したい場合

ホームディレクトリに転送先のメールアドレスを書いた「.forward」ファイルを作成します。その中に転送したいメールアドレスを書いてください。

注意:はじめに「.」が記述されているファイルは特別な意味があり、通常の「ls」では表示されません。そのため、これらのファイルを表示させたい場合は「ls -a」としてください。

複数に転送したい場合は、改行して続けます。

例:

x000000x@iizuka.isc.kyutech.ac.jp
yskhashi@example.com

この設定の場合、上記の2つのメールアドレスには転送されますが、共用計算機のメールボックスにメールは残らなくなります。メールを残したい場合、.forwardファイルに\[アカウント名]@club.kyutech.ac.jpを追加します。

例:

x000000x@iizuka.isc.kyutech.ac.jp
yskhashi@example.com
\yskhashi@club.kyutech.ac.jp

ここで、共用計算機に転送したメールがさらに転送処理をされる、という無限ループにならないように必ず\(バックスラッシュ)を付けてください。無限ループについては後述で詳しく説明しているのでそれも見てください。

  • 情報科学センターに届いたメールを転送したい場合

    教育システムメイル転送登録(飯塚戸畑で設定できます。※学内専用

目次へ戻る
 
 
3.注意事項

設定するときに以下のような事は絶対にしないでください。サーバに負担がかかり、他の人への迷惑となります。
  • 転送ループ

サーバAに、サーバBへ転送する.forwardファイルを作成し、サーバBに、サーバAへ転送する.forwardファイルを作成する。

+----------+ → → +----------+
| サーバA | ← ← | サーバB |
+----------+       +----------+
メールがサーバ間を往復し続けます。

  • 無限増殖1

サーバAに、サーバB、サーバCへ転送する.forwardファイルを作成し、
サーバBに、サーバAへ転送する.forwardファイルを作成する。

+----------+ → → +----------+
| サーバA | ← ← | サーバB |
+----------+       +----------+
     ↓  +----------+
      → | サーバC |
         +----------+
サーバCにメールが無限にたまり続けます。

  • 無限増殖2

    サーバAに、サーバA、サーバBへ転送する.forwardファイルを作成する。

    +----------+ → → +----------+
    | サーバA |       | サーバB |
    +----------+  →   +----------+
           ↑      ↓
            ← ← ←
    
    サーバBにメールが無限にたまり続けます。
目次へ戻る
 

Topへ戻る


(C) 2004 九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
K.I.T. Student Administered Network Commission