委員会概要 各種申請 サービス サポート リンク
マニュアル BBS FAQ 管理者各位 リサーチ

JSP, Servlet


 
1.JSP, Servletの説明

JSP(JavaServer Pages)』はHTMLの中にJavaのコードを埋めこんで実行させる為の技術です。JavaScriptとよく似た物ですが、JavaScriptは、Webブラウザで実行されるのに対し、jspは実行後のHTMLが表示されます。

Servlet(サーブレット)』はJavaのCGI版です。そして、サーブレットコンテナという外部プログラムで実行されます。この、サーブレットコンテナによりセッション管理の機能などの様々な機能が提供されます。

目次へ戻る
 
 
2.設置方法

  • JSPの設置
  • **.jspというJSPで書かれたファイルを自分のホームディレクトリのwww以下(団体Webの場合は/usr/www/[団体Webディレクトリ名]以下)に設置して下さい。ブラウザでの閲覧は普段Webページを見るのと同様に

    個人: http://www.club.kyutech.ac.jp/~[ユーザー名]/**.jsp
    団体: http://[団体Web名].club.kyutech.ac.jp/**.jsp

    で可能です。

    また、www/jsp/**.jsp等と設置した場合も同様に、

    個人: http://www.club.kyutech.ac.jp/~[ユーザー名]/jsp/**.jsp
    団体: http://[団体Web名].club.kyutech.ac.jp/jsp/**.jsp

    で閲覧できます。 パーミッションはHTMLと同じ設定になります。

     

  • Servletの設置
  • ServletはPerlで書かれたCGIとは異なり、コンパイルする必要があります。

    個人の場合、コンパイル後のclassファイルをホームディレクトリのwww/WEB-INF/classes以下に設置して下さい。www/WEB-INF/classes/test.classと設置した場合、閲覧は

    個人: http://www.club.kyutech.ac.jp/~[ユーザー名]/servlet/test

    で可能です。

    団体の場合、コンパイル後のclassファイルを団体WebディレクトリのWEB-INF/classes以下に設置して下さい。団体Webディレクトリ のWEB-INF/classes/test.classと設置した場合、閲覧は

    団体: http://[団体Web名].club.kyutech.ac.jp/servlet/test

    になります。

    通常は標準設定で動作しますが、WEB-INF/web.xmlを設置することにより、JSP, Servletの動作の設定が可能です。

    ※注意

    JSPとは異なり、www/WEB-INF/classes/**/test.classと設置した場合でも、

    個人: http://www.club.kyutech.ac.jp/~[ユーザー名]/servlet/**/test
    団体: http://[団体Web名].club.kyutech.ac.jp/servlet/**/test

    では閲覧できません。www/WEB-INF/classes直下に設置して下さい。

目次へ戻る
 
 
3.Servletのコンパイル方法

 
%javac [コンパイルするファイル]

で可能です。
また、必要ならばclasspathを/usr/java/lib以下のファイルに設定して下さい。
classpathを設定する場合は

%setenv CLASSPATH [設定するclasspath]

もしくは、コンパイル時に

%javac -classpath [使用するclasspath] [コンパイルするファイル]

で可能です。

目次へ戻る
 
 
4.定期再起動について

Servlet, web.xmlが設置、変更された場合Servletコンテナが再起動されなければ、Webページに反映されません。このため、毎日4時と16時に定期的に再起動します。再起動時、数十秒間JSP, Servletが実行出来なくなります。
目次へ戻る
 
 
5.参考URL

JSP, Servletの書き方等は以下のURLを参照してください。

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai/jsp01/jsp01.html
http://www.hellohiro.com/

JSP, Servletサービスは試験運用ですので、動作が不安定な場合があります。
また、何か不具合・要望がありましたら運用部へお願いします。
できる限り、要望には応えていきたいと思います。

目次へ戻る
 

Topへ戻る


(C) 2004 九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
K.I.T. Student Administered Network Commission