委員会概要 各種申請 サービス サポート リンク
マニュアル BBS FAQ 管理者各位 リサーチ

SDIC


 
目次

Last Modified 2004/01/01


  1. SDICの説明
  2. 使い方
 
 
1.SDICの説明

SDIC(エスディク)』は土屋雅稔氏によって開発された、Emacs(含Mule)上で使える英和/和英辞書引きソフトです。共用計算機(ruby)では、英和辞書としてGENE95、和英辞書としてEDICTを利用してい ます。GENE95はKurumi氏、EDICTはJim Breen氏によって編纂されています。

目次へ戻る
 
 
2.使い方

Emacsを起動した後、M-x sdicMETAキー、またはESCキーを押して、次にxを押し、最後にsdicと入力する)という操作をします。

以下はSDICのキー操作一覧です。

操作 説明
w または / 新たな単語を検索
W 辞書を指定して検索
[スペース] 辞書閲覧バッファを前方へスクロール
b または [BS] または [DEL] 辞書閲覧バッファを後方へスクロール
n または [TAB] 次の項目へ移動
p または [M-TAB] 前の項目へ移動
< 辞書閲覧バッファの先頭へ移動
> 辞書閲覧バッファの終端へ移動
o 辞書閲覧バッファから他のバッファへ移動
q 辞書閲覧バッファを消す
Q SDICを終了
? ヘルプを表示

また、Emacsで開いた文章の中で、辞書を引きたい単語があった場合、その単語にカーソルを合わせ、C-c Wコントロールキーを押しながらcキーを押し、その後Wキーを押す)とすれば、瞬時に検索結果が表示されます。
SDICのバッファ(辞書検索結果が表示されている部分)は、qキーを押せば消えます。

目次へ戻る
 

Topへ戻る


(C) 2004 九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
K.I.T. Student Administered Network Commission